こんにちは!
三重県名張市を拠点としている南浦工務店です。
弊社では、内装リフォームや水回りリフォーム、リノベーション、公共工事を請け負っております。

今回はリフォーム工事の豆知識と題して、マンションのリフォームのできる・できないについて、ご紹介します。


マンションリフォーム


マンションリフォームが可能なのは、専有部分です。
「いったい専有部分ってどこなの?」という疑問に答えるために、簡単にマンション用語をご説明します。

専有部分
住戸の内側とキッチンなどの住宅設備機器。

共用部分
外壁や屋根などの建物すべてと廊下など。

専用使用部分
バルコニー、トランクルーム、専用庭、玄関ドアなど、特定の人だけが使用する部分。

専用使用部分については、日常の手入れ、修繕は使用している区分所有者が行うのですが、管理組合の許可なくリフォームや撤去をすることはできません。

たとえば玄関ドアの内側は専用部分ですが、外側は共用部分という取り扱いになるため、ドアの交換や塗り替えはできません。


マンションリフォームのできる・できない


内装
フローリングへの変更や壁の張り替え、壁材や天井材などの塗り替え、張り替え、室内の建具の交換は可能。

ただしカーペットや畳をフローリングに変更する場合は、注意が必要です。
防音の観点から、管理規約にフローリング禁止の項目があるマンションもありますので、管理組合に確認することをおすすめします。

既存の窓の内側に窓を新設することは可能。
ただし外観に影響するようなサッシの色の変更はできない。

間取り
間取りの変更は建物の構造によって変わる。

ラーメン構造ならば、室内がすべて専有部分になるため大幅な間取りの変更が可能。
いっぽう壁式構造のように、建物の壁面が共有部分に当たる場合は、間取りの変更に制限がかかる。

水まわり
床下の配管が移動できれば、キッチンやトイレの場所を動かせる。
専門のリフォーム業者に相談して、きっちりと現場調査してもらうのがよい。

床下収納は、床下の空間に余裕があるなら可能。
床暖房は可能。ただし各住戸の電気使用可能量を超えないように注意する。

コンセント
コンセントの数を増やすことは可能。
ただしマンションや各住戸の電気容量がどのくらいなのか確認が必要。

バルコニー、ベランダ
共用部分のため、変更不可。
専用使用部分でもあるので、補修などは区分所有者が行えるが、リフォームは禁止されている。

バルコニー、ベランダの取り扱いは少しややこしいのですが、災害時の避難経路にもなるため、リフォームはもちろん、隣戸との間仕切り近くに物を置くことも禁止されています。

ここまで、マンションリフォームのできる・できないについてご紹介しました。
いざリフォームをしようと思っても、どこまで変えることができるのか悩むお客様は多いと思います。

そんなときこそ、リフォームの専門業者に頼ってください。
どんな些細な疑問にも、誠実にお答えします。


個人宅のちょっとしたリフォームから大規模なリノベーションや公共工事まで、職人のプライドにかけて高品質な施工をお約束します。

どんなご相談にも、迅速に誠実に対応をいたします。
お困りごとがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせページからご連絡ください。
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


バリアフリー化やリフォーム・リノベーションは南浦工務店|名張市
お気軽にお問い合わせください!
〒518-0641 三重県名張市桔梗が丘西1-163
電話:0595-48-7851 FAX:0595-48-7852